ニュース
» 2011年10月31日 16時10分 UPDATE

E Ink、第3四半期も業績好調「不況下でも電子書籍端末の売り上げは増加」

電子ペーパー最大手の台湾E-Ink Holdingsの第3四半期の業績は好調のようだ。2011年度の出荷枚数は3000万枚に手が届きそうな勢いとなっている。

[hon.jp]
hon.jp

E Ink、第3四半期も業績好調「不況下でも電子書籍端末の売り上げは増加」

 現地報道によると、電子ペーパー最大手の台湾E-Ink Holdingsの第3四半期の業績が好調であることが明らかになった。

 7月-9月期の純利益は、第2四半期の20.6%増の22億5000万台湾ドル(56億円)。同社CEOの会長スコット・リュー氏は「不況下は読書時間が増えるので、電子書籍端末の需要は堅調。今年度の出荷枚数は2500万枚から3000万枚規模と予測しているが、達成可能と考えている」と述べたという。

 E-Ink製の電子ペーパーディスプレイは、米AmazonのKindleシリーズやソニーのSony Readerシリーズなど、多くの電子書籍端末で標準採用されているが、同社がその90%を生産している。

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる