ニュース
» 2011年10月18日 12時30分 UPDATE

Kindle Keyboard、新ファームでKindle Cloudをサポート

Amazonの第3世代電子書籍リーダー「Kindle Keyboard」の最新ファームが公開された。これにより、第4世代Kindleの新機能である「Kindle Cloud」にアクセスできるようになるなど、有益なアップデートだ。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader

Amazonの第3世代電子書籍リーダー「Kindle Keyboard」のユーザーは、Wi-Fi経由でプッシュされたファームウェアアップデートにより、数週間前に発売された第4世代Kindleの新機能である「Kindle Cloud」にアクセスできるようになった。


tnfig132.jpg

 Kindle Cloudは無料で5Gバイトまでのデータを保存でき、同期することでほとんどのデバイスからデータにアクセスできる。大きな機能の1つとして、ユーザーは自分のドキュメントを保存できるので、端末の内蔵メモリを圧迫することもなくなる。ユーザー個人のドキュメントはAmazon WebサイトのManage Your Kindle経由で削除するまでKindleライブラリに保存される。Whispernetも該当ドキュメントの同期を行うので、ユーザーがあるページを離れると、すべてのデータが保存されたまま次にそこから再開される。

 この新たなアップデートでKindle Keyboardもクラウドサポートが得られるようになったほか、Voice Guideにも簡単にアクセスできるように変更が行われた。ユーザーがVoice Guideを利用する場合は、Shiftボタンを押しっぱなしにすれば良い。

 Amazonが第3世代の電子書籍リーダーをサポートしつづけることは良いニュースだ。このアップデートがKindle DXにもリリースされれば良いのだが。なお、この新たなアップデートが自動でダウンロードされなければ、Version 3.3を手動でダウンロードすることもできる。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる