ニュース
» 2011年08月29日 10時25分 UPDATE

Amazonの動きについて再びうわさ

Amazonが今秋に独自のタブレットPCをリリース予定といううわさの中で、同社が新たに取得したドメイン名から想像たくましくさまざまなうわさが派生している。

[Mercy Pilkington,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader

 Amazon.comの法務部門は、週末に新たなドメインの、kindlescribe.com(およびkindlescribes.com)という謎めいた買い物をした。


tnfig78.jpg

 購入以来、さまざまな記事が興奮気味に出現し、オンラインの書籍販売の巨人にとってそのドメイン名が何を意味するのかを推測している。このことは特に価値がある。というのも、Amazonが2011年3月に「amazonscratchpad.com」という名前のドメインを購入したとき、まさしく激しく燃え盛る炎のような推測の嵐を巻き起こし、ScratchPadが明らかにAmazon Marketplace WebServiceの1セクションのことだったのですべては線香花火のように取るに足りない問題に終わったからだ。

 新たなうわさの多くはKindle系デバイスに新たな製品が追加されるのではないかというもので、これはAmazonがメーカー再生品の価格を99ドルまで下げたのでありそうなことだ。なぜなら、企業が何か新たな製品を発売する前に倉庫のスペースを開けるために行う典型的な戦略だからである。5月に発売されたNOOK Touchおよび最新のKoboデバイスに似たE Inkタッチスクリーンのデバイスの話題はもっともらしいメディアの素材である。Amazonが今秋に独自のタブレットPCをリリース予定だといううわさの中で、(Kindle Scribeという名前ゆえに)画面上で書くためのより新しく、ユーザーフレンドリーな機能に集中する議論もある。

 Amazonのデジタルおよび自費出版への進出を考えると、ドメイン名の「Scribe」という部分に反応して、少ないながらもKindle Direct PublishingあるいはKindle Singlesに関する可能性のある方向に関するうわさも流布されている。

 新たなドメイン名がAmazon.comにとって何を意味するのであれ、その方向がテクノロジーあるいは出版(あるいはその両方)であれ、消費者はそれが大きなものであることは間違いないので安心できる。もうすぐ登場すると期待されているタブレットもしくはKindle 4のニュースだけでなく、MOBIから離れてより広く互換性のあるEPUBへ軸足を移すことに関する引っ張りだこの話題とともに、競合、批評家、ファンはKindleScribeが取る方向に注意深く目を光らせている。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる