ニュース
» 2011年08月12日 23時58分 UPDATE

定点観測:BookLive!の蔵書点数を調べてみた(8月12日編)

電子書籍ストア「BookLive!」では、コミックを中心にユニークなラインアップをそろえている。今週、とうとう取り扱い作品が3万点を突破! 勢いに乗る同ストアの直近の蔵書数と売れ筋ランキングを紹介しよう。

[ITmedia]

 凸版印刷とインテル、および凸版印刷の子会社であるビットウェイが設立した「BookLive」が運営する電子書籍ストア「BookLive!」。

 eBook USERでは幾つかの電子書籍ストアについて毎週金曜日に蔵書タイトルおよび点数を集計している。以下では、BookLive!の8月12日時点における最新の蔵書数と売れ筋ランキングを紹介しよう。なお、集計はセーフサーチオフで行っている。

とうとうラインアップが3万点を突破!

 8月12日時点のタイトル数は、蔵書タイトルが1万9280点、蔵書点数は3万550点。前回から700点ほど蔵書が増えた。とうとう蔵書点数が大台の3万点を超え、時期的には先にスタートした「TSUTAYA GALAPAGOS」とほぼ同じ数となった。

ジャンル 8月5日タイトル数(冊数) 8月12日
ニュース・ビジネス・総合 13(58) 14(66)
男性誌 2(5) 2(6)
女性誌 5(11) 5(14)
モノ・トレンド 7(15) 7(17)
趣味・実用 35(42) 39(48)
スポーツ 5(11) 5(12)
少年マンガ 222(1935) 223(1972)
少女マンガ 532(1187) 538(1203)
青年マンガ 749(3821) 753(3874)
女性マンガ 1030(1891) 1060(1951)
TLマンガ 194(225) 202(233)
BLマンガ 192(221) 194(223)
男性ちょいH 92(189) 92(189)
女性ちょいH 82(119) 88(125)
文学 923(1345) 948(1374)
ミステリー 1250(1498) 1253(1501)
歴史・時代 687(1559) 688(1560)
SF・ファンタジー 290(488) 293(492)
ライトノベル 665(1214) 676(1235)
ビジネス・IT 975(1086) 1043(1155)
ノンフィクション 560(638) 572(650)
エッセイ・紀行 770(856) 777(863)
趣味・生活 834(1306) 862(1334)
雑学・エンタメ 804(1226) 814(1412)
教育・文化 570(645) 579(654)
ハーレクイン小説 2237(2292) 2237(2292)
BL小説 1900(2169) 1934(2208)
官能小説 2960(3420) 2995(3483)
アイドル 3(3) 3(3)
グラビア 263(272) 282(291)
セクシー 97(105) 97(105)
風景 3(3) 3(3)
動物 2(2) 2(2)
合計 18953(29857) 19280(30550)
8月12日時点のBookLive!蔵書タイトル数および冊数

 全ジャンルとも順当に品ぞろえを増やしているが、中でも「雑学・エンタメ」のジャンルが大きく増えている。この理由は後述しよう。

 また、8月12日時点の週間総合ランキングは以下の通り。全体的に講談社の漫画作品で占められているのは変わりないが、「快感フレーズ」「覇王・愛人」など、新條まゆ作品がランクインしてきているのが注目だ。

順位 作品名 価格
1 GIANT KILLING 525円
2 のだめカンタービレ 420円
3 頭文字D 525円
4 快感フレーズ 368円
5 ブッダ 315円
6 新宿スワン 525円
7 近キョリ恋愛 420円
8 Web小説中公 ノーサイン 53円
9 宇宙兄弟 525円
10 覇王・愛人 420円

BookLive! HOT NEWS

tnfigbl1.gif 自分の特別な日に過去どんなことが起こったのかがこれで分かる

 BookLive!今週のホットな話題は、オリジナルの電子書籍『けんてーごっこクイズ読本シリーズ』の独占配信開始。

 学びingとの協力によって誕生したこの作品は、さまざまなジャンルの知識をクイズ形式で習得できるシリーズものの電子書籍。シリーズ第1弾として、1年365日それぞれの日に起こった出来事をクイズで学ぶ『けんてーごっこ365日Wikiクイズ読本』が販売された。

 この「けんてーごっこ」とは、学びingが運営する日本最大級のソーシャルクイズサイト。ここではユーザーが投稿するクイズだけでなく、「Qろいど」と呼ばれる問題を自動生成するシステムによって、実に300万問以上のクイズを有する一大クイズサイトに成長した。

 BookLiveでは、このシステムから抽出される情報ソースを電子書籍に変換するプログラムを開発、学びingからのコンテンツを電子書籍に自動変換することで、オリジナルのコンテンツを1つ手に入れたことになる。制作から提供までのフローを自動化するこの動きは応用が利きそうだ。

 ともあれ、自分の生まれた日に起こった出来事をクイズ形式で知ることができるこの作品は、パーソナルな切り口の「楽しい雑学本」といえる。価格も1冊105円とお手軽なので、読んでみるのも楽しいかも。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる