ニュース
» 2011年08月01日 10時00分 UPDATE

NoteSlate:価格は99ドル? 本当に発売されるとして、それはいつ?

アドバルーンを上げた後は線香花火のように消えていく製品というのはこれまでにも数多く存在した。電子ノートとして有力な存在になるのではないかと期待されたNoteSlateも、同じような運命をたどるのだろうか。

[Sovan Mandal,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig38.jpg

 NoteSlateが2月にはじめて公開されたとき、大いに見どころのある製品だった。しかし、華々しい登場の後は線香花火のように消えてしまい、音沙汰がなくなったタブレットPCはほかにも多く存在する。

 NoteSlateは、Twitter経由で「軌道に乗っている」と主張する最新情報を除けば、「消えた」タブレットのコンセプトの1つとしてカウントされたかもしれない。同社のWebサイトさえ跡形もなく消えてしまったようで、それによりNoteSlateがいつ発売されるのか分からない製品以上のものではないと多くの人が考えるようになった。

 しかし、Twitterでの最新情報によると、同社の公式サイトは8月に再公開されるとのことだ。これと同じタイミングで、同社が公開する良いニュースが幾つかあるだろう。もっとも、NoteSlateが最終的にリリースされるとして、いつリリースされるのかといったことについて何か決定的な情報があるというものではないだろうが。予定では、このタブレットは以前2011年6月中にリリース予定だとされていた。

 ほかにもかなり混乱があるのは99ドルという価格がそのまま維持されるのかということだ。NoteSlateは当初、ツートーンのディスプレイを持ち13インチ相当のノートが取れるタブレットとして100ドル以下の価格を約束していた。しかし、現時点でその価格はまったくあり得ないようだ。白黒または多少色彩の深みを提供するグレースケールのディスプレイというオプションが用意されるのではないかと推測する人もいる。

 よって、ノートが取れるタブレット、NoteSlateの発売を心待ちにしてきた人は、同社がNoteSlateの発売がどうなるのかにかかわるすべての情報を更新する8月まで待つことになる。

 ほかのオプションとしては「Boogie Board Paperless LCD Writing Tablet」を選ぶことだ。少なくとも、それは今すぐ入手できる。



Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる