ニュース
» 2011年07月28日 12時23分 UPDATE

完成が近づくにつれ値上げ:米O'Reilly、執筆途中の書籍を電子書籍形式で逐次販売する実験を開始

米O'Reilly Mediaは、完成したパートから電子書籍版として刊行しし、全体の完成に近づくにつれ価格を上げていく“金融デリバティブ”的な価格決定モデルを試行している。

[hon.jp]
hon.jp

 米IT関連書出版の米O'Reilly Mediaが書籍の完成したところから電子書籍として逐次販売するという、新しい販売モデルの実験を開始した。


tnfigor.jpg

 この本は「Every Book Is a Startup」という出版ビジネス実務書。完成したパートから電子書籍版として刊行していき、当初の価格は4.99ドル(約390円)。以後、完成に近づくにつれ価格を上げていくが、初回購入者は以後のアップデートはすべて無料で入手できるので、ある種“金融デリバティブ”的な価格決定モデルともいえる。最終的に完成した紙書籍版は24.99ドル(約2000円)になる予定。

 同書の紹介ページでは、「早く刊行、頻繁に刊行」といった手法を自社自身で実践すると説明して、読者からの意見を募って反映していくとしている。

 なお、日本では講談社からリリースされた吉本佳生氏のiOS向け電子書籍アプリ「マクドナルドはなぜケータイで安売りを始めたのか?【リッチ版】」が同様の施策を取り入れている

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる