ニュース
» 2011年07月09日 00時00分 UPDATE

国際電子出版EXPO Report:「さようならT-Time、こんにちはHTML5」――ボイジャーが新ビューワを披露

ボイジャーが国際電子出版EXPOで新ビューワを披露。T-Timeの表示機能をWebKitに対応させることで、Webブラウザベースのビューワとした。

[西尾泰三,ITmedia]

 ボイジャーといえば、出版業界で知らぬものはいないのでないかとさえ思えるほどよく知られた存在だ。特に、同社が手掛ける「ドットブック(.book)」という電子書籍のファイルフォーマットは、講談社、角川書店、新潮社、文藝春秋など、大手版元が採用しており、国内の電子書籍を語る上で欠かすことのできないフォーマットである。

 そんなボイジャーが、7月9日まで東京ビッグサイトで開催中の「第15回国際電子出版EXPO」で、まったく新しい電子書籍ビューワを参考展示している。

読書はブラウザにシフトする

tnfigvo1.jpg HTML5に対応するブラウザがあれば、PCやスマートフォン、タブレットを問わず簡単に利用できる

 同社はこれまで、Windows、Macintosh向けに電子書籍ビューワ「T-Time」を提供するだけでなく、T-Time Plugin、T-Time CrochetといったWebブラウザ用プラグインも提供し、多様な読書環境を提供してきた。今回の発表は、T-Timeの表示機能をWebKitに対応させたというもの。これにより、HTML5に対応しているWebブラウザであれば、プラグインなどを追加でインストールすることなく、そのままビューワとなる。同社は、Webブラウザを用いたこの新たな読書システムの総称として「Books in Browsers」と名付けている。

tnfigvo4.jpgtnfigvo5.jpg クリック長押しなどで設定メニューなどを簡単に呼び出せる。ページ送りはページ端でマウスクリックが基本だが、キーボードでの操作も可能になるとみられる
tnfigvo2.jpgtnfigvo3.jpg 縦書きや横書きの切り替えも容易。右の写真では、図版部分が動画であることが分かる

 コンテンツを表示した状態でソースをみても、文字要素などは確認できなかった。説明員によると、これは基本的にはイメージ型の表示形態だが、文字属性は別に持っているため、全文検索なども行えるという。

tnfigvo6.jpg システム構成図。どの電子書籍ストアが最初に採用するのだろうか

 Books in Browsersでは、ソースとなるコンテンツとして、ボイジャーの.bookだけでなく、EPUB 3.0、PDF、TXTに対応するという。EPUB 3.0脅威論など、ボイジャーにはどこ吹く風だ。会場では、動画を埋め込んだコンテンツのサンプルも展示されており、それぞれのフォーマットの特徴を生かせるようにする姿勢が見て取れる。

 同社はこの新たなビューワのβ版を2011年秋にリリース予定だという。これまで.book形式の電子書籍を読むには、例えばPCであればビューワやその関連プラグインなどをインストールする必要があった。そうしたいわばレガシーな環境を捨て、HTML5ベースにかじを切ったというのは非常に興味深いといえる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる