ニュース
» 2011年03月01日 14時31分 UPDATE

大手6社がそろい踏み:米Random Houseも電子書籍の価格方式についてはエージェンシーモデルを選択

大手出版社Random Houseも、同社発行の電子書籍の価格決定について、出版社自らが小売価格を決定するエージェンシーモデルに移行することを発表した。これにより大手6社の足並みがそろったことになる。

[hon.jp]
hon.jp

 独Bertelsmannグループの大手出版社Random Houseは2月28日(現地時間)、3月1日から同社発行の電子書籍の価格決定について、出版社自らが小売価格を決定するエージェンシーモデルに移行することを発表した。

 エージェンシーモデルとは、小売価格を書店ではなく出版社が設定する方式。日本とは異なり、米英の出版業界ではほとんどなじみのないモデルだが、電子書籍の価格についてAmazon.comの影響力が強いことを牽制するため、他の大手5社はこの方式での販売を選択していた。態度を保留していた最後の大手出版社であるRandom Houseも移行を決めたことで、ついに大手6社の足並みがそろったことになる。

 本件について、全米書店組合のAmerican Booksellers Associationも歓迎の声明を発表している。

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる