ニュース
» 2011年02月12日 17時00分 UPDATE

「ダ・ヴィンチ電子書籍アワード」のノミネート作品が発表――電子書籍元年の優秀作品は?

メディアファクトリーが主催する「ダ・ヴィンチ電子書籍アワード」にノミネートされた16作品が2月10日に発表された。栄冠はどの作品に輝くのか。

[西尾泰三,ITmedia]

読者投票も受付中

 メディアファクトリーが主催する「ダ・ヴィンチ電子書籍アワード」のノミネート作品が2月10日に発表された。

 同アワードは、電子書籍ブームを一過性のものに終わらせず、書籍市場全体の活性化につなげていくことを目的に企画されたもの。2010年に発売された電子書籍を対象に、「文芸部門」「書籍部門」「コミック・絵本部門」の3部門でアワードを選出する。

 実行委員による一次選考では16作品がノミネート。文芸部門には、新刊と電子書籍の同時発売が話題となった京極夏彦氏の「死ねばいいのに」や、紙の書籍に先行して電子書籍が配信された村上龍氏の「歌うクジラ」などがノミネート。書籍部門では、iPadのテレビCMにも登場し、アプリの方が紙の書籍より売れたという「元素図鑑 The Elements in Japanese」や、eBook USERでも取り上げた幻冬舎の「深海のとっても変わった生きもの」などがノミネートされている。

 文芸、書籍部門にノミネートされた作品と比べると、コミック・絵本部門にノミネートされた作品は、スマートフォンやタブレット端末がこれから浸透すると考えられる女性や子どもといった層に訴求した作品が多いのが特徴。同部門の結果は業界関係者にも気になるところだ。

文芸部門ノミネート作品

歌うクジラ死ねばいいのに暗獣もしもし下北沢一歩を越える勇気

書籍部門ノミネート作品

元素図鑑 The Elements in Japanese図鑑NEO深海のとっても変わった生きもの
GAIA What a wonderful world!世界美術館ことりっぷ

コミック・絵本部門ノミネート作品

ママ、読んで!おやすみ前のおとえほん 〜読み聞かせ日本昔話〜ヌカカの結婚/カルシノの贈り物/テロメアの帽子センネン画報サイバーマンガ1号銀河鉄道999 松本零士 まんが動画

 各賞のうち、一般の読者投票によって選出される「読者賞」は、専用ページで投票を受け付けており、本稿執筆時点ではコミック・絵本部門にノミネートされている「ママ、読んで!おやすみ前のおとえほん 〜読み聞かせ日本昔話〜」「ヌカカの結婚/カルシノの贈り物/テロメアの帽子」の人気が高いようだ。投票は2月28日までとなっている。

 すべての作品を購入し、内容と値段、そして紙にはない要素を考慮した記者の各賞予想は「暗獣」「GAIA What a wonderful world!」「サイバーマンガ1号」だが、果たしてアワードの行方は? 結果発表は3月23日の予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる