ニュース
» 2011年01月19日 12時44分 UPDATE

CSSによる日本語組版の実装はここまできた――EPUB最新動向

イーストと日本電子出版協会は、国際的にも注目されている電子書籍ファイルフォーマット「EPUB」の最新動向として、HTMLレンダリングエンジン「Webkit」で日本語組版の実装が進んでいることを紹介した。

[西尾泰三,ITmedia]

Webの技術でここまでできる

 イーストと日本電子出版協会(JEPA)は1月19日、2011年5月には最終仕様が確定するとみられる電子書籍ファイルフォーマット「EPUB 3.0」についての最新動向としてWebブラウザなどでの実装が進んでいることを紹介した。両社は、総務省の平成22年度「新ICT利活用サービス創出支援事業」の「EPUB日本語拡張仕様策定」を受託している。

 XHTMLやCSSといった国際標準をベースとするEPUBは、グローバルでは電子書籍の標準的なファイルフォーマットとして採用が進んでいるが、アジア圏の言語で必要になる縦書きやルビ、禁則処理、行調整)、圏点(傍点)といった機能が現在使用策定中のEPUB 3.0で追加されるかどうかに国内の出版業界の注目が集まっている。

 現在、これらの追加はほぼ確定しており、Appleが中心となって開発されているオープンソースのHTMLレンダリングエンジン「Webkit」では、すでに日本語組版の実装が進んでいる。

 イーストは、WebKitにおけるCSSによる日本語組版の実装を検証する目的でサンプルファイルを用意しており、スタイルシートで縦書き(writing-mode:vertical-rl;)をサポートするWebブラウザであれば、縦書きでの表示を確認できる。こうした状況を踏まえ、年内に日本語組版がこれらに実装される見通しであるとしている。

tnfigspub1.jpg サンプルファイルを縦書きをサポートするWebブラウザで表示するとこのようになる。HTMLの技術を用いてこれだけの表現ができるのであれば、電子出版の選択肢にも入ってくるだろう

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる