レビュー
» 2010年12月15日 14時00分 UPDATE

提案型の要素が満載:「TSUTAYA GALAPAGOS」の気になるラインアップと価格をチェックする (1/2)

シャープが投入したeBookリーダー「GALAPAGOS」専用のeBookストアが「TSUTAYA GALAPAGOS」だ。そのラインアップや価格はどうなのだろうか?

[田中宏昌,ITmedia]

それぞれ船出したeBookストア

 12月10日に発売されたeBookリーダーの「GALAPAGOS」だが、対応コンテンツはシャープとカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の合弁会社が提供する「TSUTAYA GALAPAGOS」で供給される。同社では、TSUTAYA GALAPAGOSを“エンターテインメントコンテンツストア”と呼んでいる。

 GALAPAGOSは本体にIEEE802.11b/gの無線LAN機能を内蔵しており、PCを介さずにコンテンツを直接購入して閲覧することが可能だ(PCに導入したソフトウェア「GALAPAGOS Station」からも購入可能)。それに対しソニーの「Reader」は、本体に無線機能を持たないため、「Reader Store」からコンテンツを購入するには専用ソフトウェアの「eBook Transfer for Reader」をPCに導入し、そこからダウンロードをする必要がある。

 Reader Storeの支払いはクレジットカード(VISA、MasterCard、JCB)のほか、ソニーポイントを利用可能だが、GALAPAGOSはクレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners)のみとなっており(Tポイントは後日対応予定)、カード情報を本体に登録する必要がある。

 このような違いがある両者だが、何はともあれコンテンツを拡充してユーザーのニーズに少しでも応えるのが急務なのは変わりがない。Reader Storeについては別記事(「ソニー、Reader Storeをオープン――気になるラインアップと価格は?」でチェックしたので、ここではTSUTAYA GALAPAGOSのラインアップや価格を見ていこう。

ht_1012ss01.jpght_1012ss02.jpg シャープの5.5型「GALAPAGOS」(写真=左)と、ソニーの5型「Reader」(写真=右)


約2万2000冊のコンテンツを用意

 既報の通り(「「TSUTAYA GALAPAGOS」が約2万4000冊で12月10日オープン」)、TSUTAYA GALAPAGOSではオープン時に約2万4000冊のコンテンツをそろえ、2010年12月末までに約3万冊まで増加させると述べている。実際、12月13日に調べたところ、新聞が3紙、雑誌が101誌、書籍が2万1672冊となっており、達成率は約91%だった。前回調べたときから総数は減少しているが、これはコンテンツの契約によるもので、すぐに点数は回復するとのことだ。事実、本原稿執筆中も点数は増加しており、年末の3万冊に向けて今後も続いていくはずだ。

 試しに、書籍の売れ筋からいくつかピックアップしてみたのが下の表で、価格はReader StoreなどほかのeBookストアでの販売価格にそろえられているのが分かる。

主な書籍の価格
著者名 書名 TSUTAYA GALAPAGOS価格 紙版価格
岩崎夏海著 もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 840円 1680円
平野啓一郎著 かたちだけの愛 1470円 1785円
池上彰著 伝える力 600円 840円
吉田修一著 悪人 840円 1890円
福田靖著 龍馬伝 I 999円 1470円

 ラインアップについては、新聞、雑誌、書籍のカテゴリがあり、さらに後者2つはジャンル別に分かれている。詳細は表にまとめたが、新聞や一部の雑誌は定期購読に対応しているのがGALAPAGOSならではの特徴だ。特に雑誌は一定期間(半年から1年程度)の購入を前提に割引価格が適用されるコンテンツもあり、好みのタイトルがあれば見逃せないサービスといえそうだ。ちなみに、新聞のバックナンバー保存期間は日本経済新聞 電子版が1週間、西日本新聞 超特@Qは30日間となっている。

 定期購読に対応した新聞や雑誌を購入すれば、決められた日時(新聞なら毎朝、雑誌なら発売日)にGALAPAGOSがサーバへ自動的にアクセスしてデータをダウンロードすることで、ユーザーの手を煩わせることなくコンテンツを入手できる。サーバへのアクセス時間はユーザーが指定することも可能で、さらにはユーザーの好みに応じてお勧めの本の体験版(無料)などがGALAPAGOSに配信される「おすすめ配信サービス」も用意される。いわば、電子チラシがユーザーに届けられるわけだ。このあたりのサービスを楽しみと取るか、煩雑と取るかでGALAPAGOSの評価も大きく変わるだろう。

新聞の価格
紙名 発行間隔 価格
日本経済新聞 電子版 朝夕刊 4000円
Mainichi iTimes 朝刊 525円
西日本新聞 超特@Q 朝刊 525円
現状、新聞は3紙のみだが、2011年1月にはスポーツニッポンが加わる予定

主な雑誌の価格
誌名 単品価格 定期購読価格 配信冊数
週刊ダイヤモンドdigital 500円 400円 25冊
日経ビジネス 600円 520円 25冊
サンデー毎日 300円 290円 25冊
日経パソコン 900円 650円 12冊

ht_1012ss03.jpg GALAPAGOSのホーム画面。本棚を模したもので、購入したコンテンツが並んでいる
ht_1012ss04.jpg 現在購入できる新聞は3紙のみ。日本経済新聞 電子版は月間4000円と高めだ
ht_1012ss05.jpg 雑誌や新聞のバックナンバーはタイトルごとに分けられている

 次のページでは、雑誌や書籍の各ジャンルを細かく見ていこう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる