ニュース
» 2010年12月03日 22時22分 UPDATE

eBook化を推進:小学館がeBook販売サイトをリニューアル

小学館が自社のeBook販売サイト「小学館eBooks」を一新。当初はPC向けだが、今後はeBookリーダーやスマートフォンなどにも積極的に対応していく予定だ。

[ITmedia]

今後は「GALAPAGOS」や「Sony Reader」にも対応予定

ht_1012sh.jpg 一新された「小学館eBooks」。試し読みもできる

 11月30日、「小学館eBooks」が全面一新した。同社は現在約1000点の電子化済みタイトルを抱えているが、今回はそのうち500点を販売(自社で発行したタイトルのみ販売)する。今後は文学・小説、趣味・実用、教育、映画・ドラマ化の原作・ノベライズ、社会・ビジネスなど、幅広いジャンルの書籍をeBook化して販売するという。新刊の配信日は、毎月第1と第3金曜日の予定だ。

 ファイルフォーマットはXMDFで、現状はPC向けの販売にとどまるが、今後はシャープの「GALAPAGOS」やソニーの「Reader」、Android端末をはじめ、新しいeBookストアにも可能な限り対応していくとしている。

配信予定のeBook新刊ラインアップ
2010年11月30日配信
タイトル 著者 価格(税込み)
「親指の恋人」 石田衣良 598円
「潜伏」 仙川環 577円
「銀座クラブは女の大学」 蝶々 525円
「沢彦<上><下>」 火坂雅志 682円
「3D世界規格を作れ!」 本田雅一 1344円
2010年12月17日配信
タイトル 著者 価格(税込み)
「死ぬまで老けない人になる」 久保明・増田美加 630円
「考えない練習」 小池龍之介 819円
「繁殖」 仙川環 556円
「ラブコメ」 松久淳・田中渉 682円
「森崎書店の日々」 八木沢里志 493円
「11センチのピンヒール」 Lily 630円

2011年1〜2月配信予定
タイトル 著者
「モデル失格」 押切もえ
「川嶋流がんにならない食べ方」 川嶋朗
「佑樹」 齋藤寿孝・しず子
「感染」「転生」「再発」 仙川環
「つばさものがたり」 雫井脩介
「原色3人女」 蝶々
「小説 砂時計」 橋口いくよ
「anego」「秋の森の奇跡」 林真理子
「戦国力―逆境を生きるということ―」「利休椿」「太平記鬼伝―児島高徳」 火坂雅志
「前田義子の強運に生きるワザ」 前田義子
「ザ・ラストメッセージ 海猿」 百瀬しのぶ
「メタルカラーの時代 8」「同 9」(1〜7は配信中) 山根一眞
「空とシュウ」 Lily
「のぼうの城<上><下>」 和田竜


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる