連載
» 2010年11月26日 10時30分 UPDATE

「スキャン代行サービス」大研究:スキャン代行業者の実力を比較する(前編) (3/5)

[eBook USER特別取材班,ITmedia]

スキャナーズ77

スキャナーズ77
  • 概要

 スキャナーズ77は、「1冊77円」を売り文句にする低価格スキャン代行サービス。制限事項は他業者に比べると多く、対象は「B6判・A5判・四六判・新書判、文庫本」に限定されているほか、マンガも非対応、読み取りはグレー200dpiに限定されている。

 ファイル名変更、OCR、表紙スキャンも非対応で、サイトにも「割り切ってご利用ください」と表示されている。受け付けは10冊単位で、納品はDVD(オンライン非対応)、裁断済み書籍は処分されずにDVDとともに送り返されてくるため、発送代+スキャン料金に加えて必ず着払い代金が発生する点は注意が必要。

 目安となる納期についてはトップページに明示されている。なお試用時は千葉県市川市の業者がサービス提供者となっていたが、本稿執筆時点では有限会社リライアンスパートナー(三重県志摩市)に変更されている。

  • 申し込みから納品までの流れ

 申し込みの後、入金と書籍発送を同じタイミングで行うという手順になる。書類の送付に当たっては、サイトからダウンロードしたPDFのチェックシートに必要事項を記入して添付する必要があるため、プリンタ環境が必須となる。

 今回はサービス対象外となっている「マンガ単行本」「写真集」もそのまま送付したが、到着後に対象外なので返却するとメールがあり、納品時に合わせて返却された。入金確認/書籍到着確認/作業完了および発送メールはいずれもなく、いきなり着払いで到着する。

 申し込みから到着(宅配便利用)までは中4日と、今回試用した全業者の中で最も早かった。なお、今回の試用後に書籍の送り先が千葉から三重に変更されているため、地域によっては納期に影響が出る可能性がある。

tnscan12.jpgtnscan13.jpg オプションがないため、申し込みフォームは至ってシンプル。画像は銀行振込の場合のフォーム(写真=左)/チェックシートを印刷して記入し、添付する必要がある(写真=右)

料金

  • 発送料:950円
  • 料金:770円 基本料金77円×10冊(最小単位)
  • 返送料:950円 DVD納品のため必須

  • 今回の試用で他業者と比べて不足している内容

表紙スキャン、ファイル名変更

  • 納品物のクオリティ

 マンガ単行本および写真集に対応していないため、評価対象は3冊のみ。カバーおよび表紙はなし、全ページグレーで白紙ページは削除されずそのまま添付される。単行本2冊は傾きは特に気にならないレベルだが、絵本に極端な傾きがあることから、本の内容を問わず傾き補正はすべてオンにしているとみられる。

 解像度が200dpiと低いせいか、拡大表示した場合は読みづらい場合も散見される。ちなみに同社サイトでは、スキャナとしてPFUの「ScanSnap S1500」を用いていることが明記されている。

tnscan14.jpgtnscan15.jpg 全ページがグレーで統一されているため、品質は安定している(写真=左)/ページの折れはそのまま読み取られている
tnscan16.jpgtnscan17.jpg カラーページもすべてグレーで読み取られている(写真=左)/解像度が200dpiであるためか、拡大すると多少かすれが目立つ場合も

総評

 基本料金は1冊77円と安いが、オンライン納品に対応していないため、必ず返送料が発生する点は要注意。特に今回のように送る冊数が少ないと圧倒的に割高になりかねない。また、ファイル名変更のオプションがないので、大量に送れば送るほど事後の処理に手間が掛かる。用途をよく見極めるべきだろう。

 また、サイズに関する制限事項と、カラーモードなどに関する制限事項が異なるページに記されていたりと、サイト構造が他社に比べて分かりにくい。

 なお、サイトトップページの裁断済み書籍の返却についての説明の中に「裁断書籍買取サービスがあるそうですよ」と、業者が転売を示唆する一文を明記しているのは見識を疑う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる